ゆったりエブリデー

夫の可愛らしい日常エピソード

先日、コンビニに買い物に行った時のこと。
私は部屋着だったので、車の中で待っていることに。
「余計な物買ってこなくていいからね!」
っと言うと無言で車のドアを閉めてコンビニ店内に入っていく夫。
すぐに戻ってきたかと思うと、にやりとしながら袋の中に入っている
箱アイスを見せてきました(笑)

私「余計な物は買わないでって言ったでしょ〜!」
って笑いながら言うと
夫「え!それって(アイスを買ってきてっていう)フリじゃなかったの!?」
私「違うから〜!!」

夫「あの言い方は完全にフリだったでしょ〜!!」
って2人して大笑いしました♪
聞こえないフリをして、ちゃっかりアイス買ってくるなんて!笑
その日の夜、夕食後に2人仲良くそのアイスを頂きました★
あ!普段は家計を気にせずに勝手にあれこれ買ってくるような
浪費家の夫ではありませんので・・・笑

夫婦2人、贅沢な暮らしではないものの時々こうして
ちょっぴりのご褒美を楽しみながら、共働きを頑張っています!
ブランド物を買うよりも1本のアイスを夫婦で半分こして食べる
ことの方が断然幸せな私たち♪
ほんのちょっとで満足できることが何よりの贅沢な気がします。
これからも日々のそんなちょっとした幸せに感謝・感動できる
夫婦であり続けたいな、と思います。


子供が来年から中学生になります

私の子供は小学六年生です。
いよいよ来年の春からは中学校に進学します。

 

先週、子供が入学する予定の中学校にて
フリー参観が行われました。
来春入学予定の子供を持つ保護者にも、
来校の案内が届きました。
そこで私も、中学校へと足を運びました。

 

実際に校内に入ってみると、
小学校とは違ってきりっとした雰囲気が漂っていました。
特に高校受験を控えた三年生は、真剣に授業を受けています。
生徒さんたちの背中を見ていると、懸命さや頼もしさを感じました。

 

さらに先生が黒板に書いている内容を見て、
自分の中学時代を思い出し、懐かしさをおぼえました。
また、放課後にはグラウンドなどで部活動が行われます。
野球やテニス、陸上など、さまざまな種目を見ることができました。
晩秋のことで日暮れも早いのですが、
それにも負けずトレーニングをする姿が印象的でした。

 

私が少し不思議に思ったのは、先生方が生徒さんたちに対して
フレンドリーに接していることです。
私の中学時代においては、先生はちょっと怖くて
尊敬の対象となる存在でした。
それだけに、時代の流れをつくづくと感じました。

 

ところで、我が家の子供はのんびりとした甘えん坊です。
しかし中学校に入学すれば、勉強や部活、
受験へと向かっていくことになります。
心身共に飛躍的に伸びていく時期を無駄にせず、
自分なりに精一杯努力していって欲しいと思っています。



このページの先頭へ戻る